ジェントルマンをめざすならどんな「シューズ」を買っとけばいいの? vol.294

持っておくべき靴

vol.294

オシャレは足元から

といったフレーズを
耳にしたことありませんか

どこかのおそらく靴屋さんか
シューズメーカーが
いいだしたキャッチコピー
でしょうけれど

靴の大事さを表現している
ナイスコピーですね

実際に今日のコーディネートを
決めるときに
靴から決めるということは
ほぼないです

どうしても今日は
この靴をはきたいとか

雨だから靴はこの
雨用になるからスーツはこれ

といった流れのときは
ありますが

まず靴から考えるということは
しません

 

私の経験からいうと
「オシャレは足元から」
ではなく
「オシャレは足元まで」
です

スーツスタイルや
ジャケパンスタイル
そして
カジュアルスタイルが
イケていると

それを感じた人の目線は
必ず足元に降りていきます

私の経験で多いのは
交差点での信号待ちのとき
です

東京ではビシビシ感じます
(笑)

洋服のスタイリングが
イケていても
最後に目に入る足元が
イケてないと
最終評価は
「たいしたことない」
に収まります

足元にまで気を配らないと
残念評価になるので
そこはきっちり抜け目なく
いかないとダメです

 

【持っておくべき靴】

 

スーツに合わせる靴は
「革靴(かわぐつ)」です

デザイン部分や色や素材で
色々種類があるので

ジェントルマンとして
まずは持っておくべき1足
をしっかりおさえて
おきましょう

 

・色:黒

・タイプ:ひも

・スタイル:内羽(うちばね)タイプ

内羽根タイプ

ちなみに外羽根タイプはコチラ⇩
違いわかりますか???

外羽根タイプ

 

・デザイン:キャップトゥー or プレーントゥ

持っておくべき靴
キャップトゥー
プレーントゥ―

つま先のデザインのことを言います

 

・素材:牛革

 

この条件を満たした靴を
1足持っておいてから

茶色やストラップのタイプを
持つようにしましょう

もちろんサイズは
合っていること

靴紐をしめたままで
脱着できないようなサイズが
一番良いです

靴に足を入れるときに
「プシュッ」っと
空気が出てくる音がしたら
バッチリです

いちいち靴ひもをほどいたり
しめたりしなければ
いけないですが
1日にそう何度もないでしょう

また
そのしぐさもジェントルマン
だったりするので
あなどれません

サイズが合っていて
手入れされている靴は
ジェントルマンの
必須アイテムです

足元にまで気を配って
ジェントルマンに
なっていこうでは
ありませんか

 

 

福井のオーダースーツ専門店
野路洋服店でした^^

  

野路洋服店は予約制です
ご予約はコチラ⇩
https://noji-suit.jp/reservation/

 

ご希望の日時を2~3
ご記入ください^^

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。