スーツの着こなし方レクチャー

Dress up

ここではスーツの着こなし方のコツを教えちゃいます。着こなしのルールを知ることで、周囲に臆することなく、ワンランクアップした自分になれますよ。

ジャケット
ジャケットの1番下のボタンは絶対に留めないでおきましょう(アンボタンマナー)。3つボタンのジャケットは真ん中1つだけを留めること。ただし座った時はボタンは外しても良い(ダブルのジャケットは留めたまま)。

ポケット
ジャケットの外側の腰ポケットには何も入れないようにしましょう。当たりが出てシルエットが崩れるのでパンツの前ポケットにも入れないのが良い。

シャツ
選ぶシャツはスーツとグレードを合わせたほうがトータルでの見栄えが良くなります。
また、ジャケットの袖からシャツの袖が1cmくらい出るのが良い。

パンツ
パンツの丈は長すぎす短すぎず。靴を履いた時に甲に軽く付くくらいの丈が良いですね。

ネクタイ
実はネクタイの結び目は小さくキュッとなっているほうが上品。結び方はプレーンノット(最も簡単で基本的な結び方)を推奨しております。

ベルト
ベルトの幅は3cmまでで、バックルはブランド名などが入っていない、シンプルなモノを選びたいものです。


靴とベルトの色は揃えるのが基本です。またスーツスタイルには紐靴が合うでしょう。

[スーツのお手入れについて]

1日着たら湿気をとるために3日は休ませましょう。衣類用のブラシで軽くブラッシングをしてホコリを落とし、よほどの汚れなどがない限り、できるだけクリーニングには出さないことをおすすめします(生地へのダメージが大きいので)。ポイントは場所は室内にかけておくこと(クローゼットには入れないで)。肩の厚いハンガーに掛けると、空気の流れがあるので、より品質を保てます。