オーダーシャツから始める理由 vol.193

vol.193

  

いま現状 野路洋服店で
オーダーメイドで作れるのは
スーツ、シャツ、ネクタイ、
シューズ、ジャケット、パンツ
ベスト、コートです

たぶん全部オーダーメイドで
創ってみたいと思いますよね

男ですから

でもいきなり最初から
ドカーンとトータルで
オーダーするのは
踏ん切りがつかない

ならば
まずはシャツをオーダー
してみることを
おススメします

  

【オーダーメイドはシャツからはじめよう】

  

ハッキリ言って
シャツは大事です

いくらスーツだけ気張ってても
シャツがダメだと
トータルにしたときに
レベルダウンします

「シャツは消耗品だから
安いのでいい」

というセリフを
あたかも正論のように言う人
いますけれど

スーツも消耗品です
車も消耗品です

消耗品は安いので
という考えなら
車は中古の軽自動車で
いいやん

けどそう言う人に限って
高級外車や新車に乗ってる(笑)

  

  

なぜシャツは
そんな扱いなのか

これを考えてみた

そこで思い付いたのは
シャツは周りの人に
気付いてもらいにくいから
ではないかと

スーツも車も周りの人に
気付いてもらいやすいから
高級なものにする価値が
あると判断する

もしこれがビンゴっ!なら
それはダサい

即やめることをおススメします

見えないところを
こだわっていれば良い
というわけではないです

バランスの問題です

いいスーツなら必ず一緒に
着るシャツはいいシャツにして
始めてバランスがとれ
トータルで違和感なく
いい感じに見えます

そこそこいいスーツなら
そこそこいいシャツにする

そういことです

だからこそスーツを購入する
時に一緒にシャツも購入する
のが良いです
ネクタイも合わせるとなおよし
です 

スーツを買いに行くときは
トータルで買うつもりで行くのが
基本です 

しかしスーツとシャツでは
持っておきたい枚数が違います

シャツのほうが多く必要です
洗濯をクリーニング屋さんに
出すとなると
なおさら必要です

これらの理由で
シャツをスーツに先行して
創っておくのは大賛成です

大体の人は
スーツを創ったらそれで
満足してしまい
シャツはこれまでと同じ
となりがちです

そういう良くない状態を
防ぐためにも
シャツ先行は賛成です

シャツを3枚くらい創った
状態で満を持してスーツを
オーダーする

こうやってジックリ楽しむ
のもいいもんですよ

  

【オーダーシャツを無理なく増やす方法】

  

いま実際お客様でやっている
方法がありまして

それは
シャツを1枚オーダーして
出来上がりを取りに来たときに
着てみて
そのサイズ感を基準に調整し
次の1枚をオーダーする

これをずっと繰り返して
シャツの枚数をゆるやかに
増やしていく
というやり方です

このやり方は負担も少なく
出来上がって来る楽しみと
次をオーダーする楽しみが
毎月やって来るので

私との関係性も深くなり
よりよい提案を受けることが
できるようになります

このブログを書きながら
思いますけれど
やっぱりシャツは大事です

ただ
いいシャツ着てても
周りの人には
気づいてもらえない
ですけれど(笑)

誇示するもんでもない
というクセづけをする
という考え方でもいいですね

  

福井のオーダースーツ専門店
野路洋服店でした^^

野路洋服店は予約制です
ご予約はコチラ⇒https://noji-suit.jp/reservation/

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です