ブログ

野路洋服店のスーツは毛芯 vol.46

vol.46

  

装うことの本質は何か?

男ならクールに見えること

それに尽きるだろう

by スペンサー・ハート

  

あ~~、かっこいいねぇ~~^^

  

ビジネススーツはネイビー1択

男は黙ってネイビー

日本で唯一ネイビーしか売らないスーツ屋

福井のオーダースーツ専門店 

野路洋服店の野路純平です

  

洋服には芯というものがあります

生地が2枚重なるところで

型をつくりたい部分には

その2枚の生地の間に芯を入れます

  

シャツだと襟とカフス部分が

生地2枚重なり

パキッとしていたい部分なので

間に芯が入ってます

  

  

Tシャツだと2枚生地が重なる部分が

ないので芯はありません

  

ジャケットは袖と背中以外には

芯を入れて立体的な型をつくります

ここの芯がないとペラペラになってしまいます

ペラペラだと着たときに

いろんなシワが入ります

  

このジャケットの『芯』には大きく分けて

2種類あります

それは『毛芯(ケジン)』と『接着芯』です

世の中に流通しているスーツのほとんどは

「接着芯」です

スーツ本来の芯は「毛芯(ケジン)」です

  

そして野路洋服店が推奨し取り扱うのは

「毛芯」です

「接着芯」は量販店に任せておきます^^

野路洋服店の役目の一つは 

この「毛芯」で創られたスーツの

美しさと着やすさを

着るべき人に知ってもらい着てもらうこと

  

簡単にこの二つを説明します

・接着芯とは

生地2枚を接着剤で貼り合わせてます

メリットは

製造が簡単で早くできます➡安くできます

軽くすることができます

  

デメリットは

立体的なシルエットが創れないので

フエルトなどの他の素材をいれて

ボリューム出しをしてます

劣化し剥離する(プクつき)

  

  

・毛芯とは

ウールや麻などの天然素材でできた芯

メリットは

立体的なシルエットを創ることができます

天然素材なので劣化がないです

  

デメリットは

接着芯より高額になります

接着芯より重くなります

  

  

私は「スーツ本来」という部分と

「美しいシルエット」という部分を

大事にしたいので

『毛芯』にこだわります

  

そしてその「毛芯」スーツを着るべき人に

着てもらえるよう

日々努力を続けていきます~~^^

  

接着芯が世の中の大半ですけれど

毛芯のスーツが普通なんです

さぁこの秋冬はどの生地で

オーダー掛けようかなぁ~

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です