スーツスーツスタイルの基礎ブログ

スーツ にするベルトは上質でシンプルなものを 

スーツ

vol.20

その服、見られてますよ。

スーツ にどんなベルトしてますか??

どんなって

フツーの革のやつだよ

オッケーです!!

フツーでいいんです!!!

ただ

そのフツーというのが問題で

人それぞれ違うんですね(笑)

ビジネススーツはネイビー1択

男はだまってネイビー

日本で唯一ネイビーしか売らないスーツ屋

野路洋服店の野路純平です

[ スーツ にするベルトは]

スーツにするベルトの基本は

『牛革(メッシュ以外)、色は靴に合わせる、

幅3cm、バックルは四角で控えめ、

ステッチは革と同色』です

想像してみてください

なんてことのないベルトですよね

そうなんです

それが一番エレガントなんです

ベルトを買おうとしたときに

こんな何てことのないものを

単品で見ても何も感じないですよね

だから

買い物としてつまんないから

そういったオーソドックスなものは選ばずに

かわったバックルのものにしたり

ステッチが目立つものにしてしまうのではないかと思います

そこが落とし穴です(笑)

ベルトは目立たなくてよい

というか

目立っちゃいけない

ビジネスにおけるスーツスタイル

はそのくらいで考えておいてください

でも

でもですよ

質はスーツに合わせてください

既製で5万円以上のスーツならば

あまりにも安いベルトは避けましょう

安い革製品ってほんとに貧相ですから

う~~~ん

そうですねぇ

5千円くらいは安い部類ですね

これもダメ

あれもダメとダメだし事例をするのもアレなので

よく見るけどダメなやつを

ピンポイントでお伝えしておきます

スーツ

え~~

これダメなのぉ~って思いましたか??

べつにこのベルト自体にダメ

といっているのではなくて

このベルトをスーツにしちゃダメよ

って伝えたいんです

合わないんです

そもそも

休日のカジュアル用とビジネスのスーツ用を

兼用しようというところに無理が生じます

休日のカジュアルも

ドレス寄りのカジュアルならば兼用もできますけれど

そういないでしょ

CK(カルバン・クライン)

DK(ダナ・キャラン)だから良いというわけではないです

(なつかしいなぁ)

もちろんエルメス

ヴィトンならなんでもオッケーというわけでもないです

値段が高ければ文句ないわけでもなく

有名ブランドならば間違いないわけでもないんです

雰囲気やテイスト

スタイルが合うか合わないかです

夜の街にふさわしいもの

ゴルフ場ならマッチするもの

野球のユニフォームにするとカッコイイもの

デニムやチノパンに合うもの

そういったビジネスの場とは

全然違う場面でするものは合わないでしょう

スーツ用は黒い靴しか履かなければ

黒だけ持っていれば充分ですし

茶色の靴もはくなら

茶色のベルトも持っておきましょう

せいぜいそんなもんで充分ですから

3万円するけど雰囲気がチガウものをするよりは

1万円で合うものをしていたほうが

はるかに魅力的ですよ

大きくてキラキラなバックルの存在感と

高級感のあるシンプルなものの存在感

とでは受け取られ方が違うんだなぁ~

いつも読んでいただきありがとうございます

そういや

この3年くらいベルトしてないなぁ

なんかそんな気分なんです

こんなブログ書いておきながらなんですけれど

その服、見られてますよ

野路洋服店 ネイビー野路

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です