ジャケットの袖の長さについて vol.160

vol.160

既製のスーツを購入する場合
でもお直しはしてくれます
微調整みたいな感じですね

ですので限界はあります
特に大きくしたり
長くする場合は限界が近いです

小さくしたり短くする場合は
けっこうできますが
いずれにしてもバランスは
崩れます

バランスとは
ジャケットの前ボタンや
ポケットとの位置のバランス
です

ジャケットの着丈を短く
直せばポケットから
裾までが短くなります

そういう理由で着丈は
許容範囲内でしたら
いじりたくないですね

  

しかしジャケットの袖の長さは
しっかり調整した方がよいです

すごく目につき 分かりやすい
部分です

まずジャケットの袖の長さは
手首ピッタリで着たいです

その長さで着るとシャツの袖が
ジャケットの袖から1.0cm
くらい出るようになります

  

  

これがベストバランスです

こうなるためにもシャツの
袖の長さもちゃんと合わせます

  

このようなバランスで着ると
見た目にもスッキリ感があって
良いですし
ジャケットの袖口が皮膚に
触れないので汚れません

袖が手の甲半分くらいまで
ある人をよく見かけますが
どうしても野暮ったく
見えてしまいます

手の甲半分くらいまでくる
のはコートの袖の長さです

コートの袖から
ジャケットの袖が出るのは
オカシイです

もしジャケットの袖が
手の甲半分くらいまであると
しますと
コートの袖はコブシくらい
まで必要になります

そうするとコートから
でているのは指だけ
というとても
こっけいな姿に
なってしまいます

シャツもジャケットも
コートも袖の長さには
気を配りましょう

既製服でもお直しで
修正できる部分ですので

ジェントルマンたるもの
野暮ったくてはいけません

  

福井のオーダースーツ専門店
野路洋服店でした

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です