スーツのヒゲ vol.156

vol.156

  

ご存知でしたか??
スーツにもヒゲがあることを

ほとんどの人が知らないです

と言うことは
知らなくてもスーツは着れる
ということです

既製スーツを買う時
オーダースーツを注文する時
にも話題にならない部分です

そのくらい
マニアックというか
こだわったというか
自己満足な部分です

しかも外から見えない(笑)

そんな部分を気にする人は
ヒゲがあるだけで安心だったり
無かったら不安だったりします

私がまさにそうです(笑)

私のスーツ人生は
ユナイテッドアローズで始まり
野路洋服店で継続してますが
ヒゲのないスーツは無いです

お試しで創った工場のものに
無かったことはありましたが
そんな時は
その工場ではもう頼みません

   

スーツのヒゲとは
ジャケットの襟の裏側にある
この小さな表生地のことを
言います

   

  

なんか
わざわざ感がありませんか^^

この「ヒゲ」があると「いいスーツ」
という判断基準になることも
あるようです

その理由を私なりに考察しますと
昔は理由があって付けていたけど
時代の変化でヒゲがなくても
良くなった

だからヒゲがあると
スーツ本来の仕様として
受け入れられるので
「ヒゲ」があるスーツは
「いいスーツ」
という式ができたのではないか
と考察できます

私はユナイテッドアローズと
野路洋服店しか知らないので
他の有名店やオーダースーツ屋
がどうなのかは分からないです

手間がかかることでもあるので
量販店では省く部分だと思います

無くても着用に問題ないですからね

とはいえ私はこのヒゲが付いてないと 
何だかコピー商品を着ているようで 
恥ずかしいと言うか 
胸を張って着れない
身体になってしまいました(笑)

なんでしょうね 
襟をまくって見られることはない 
でしょうけど 
万が一チェックされた時に備えている 
感じですね

もちろん既製のスーツですが 
ユナイテッドアローズのスーツには 
付いてましたし野路洋服店のスーツにも 
標準装備で付いてます

スーツにはこのような 
歴史的背景があるから男は魅了される 
のではないかなとも思います

こんな細部にまでこだわってみるのも 
ジェントルマンの楽しみの1つ 
ではないでしょうか

  

福井のオーダースーツ専門店 
野路洋服店でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です