ブログ

接種会場のアルバイトだろうが vol.66

vol.66

  

ワクチン接種で臨時でも雇用が

うまれているとは

考えつかなかったです

  

ビジネススーツはネイビー1択

男は黙ってネイビー

日本で唯一ネイビーしか売らないスーツ屋

福井のオーダースーツ専門店 

野路洋服店の野路純平です

  

今日お客様から聞いた

ホヤホヤの話です

  

そのお客様は一つの

ワクチン接種会場の運営を

してました

アルバイトの方たちの統括

みたいな感じですね

 

20名くらいいるアルバイトの中の

二人の写真を私に見せてくれました

  

二人ともTシャツにパンツという

服装です

年齢は52歳と35歳

私が写真を見たかんじでは

52歳の人は40代前半に見え

35歳の人は20代前半に見えました

  

その理由はおそらく

52歳の人は品が良く

上質そうなTシャツとパンツでした

  

かたや35歳の人は

オシャレではないダボっとした

Tシャツとパンツでした

  

この二人には年齢という違いは

ありますけれど

見た目の大きな違いがあります

  

その事がもたらしたのは

与えられた職務だったそうです

  

52歳の上品なTシャツスタイルの

人は

受付とディレクターという役

  

  

35歳のパッとしない人は

駐車場の誘導係り

  

  

どちらも必要不可欠な職場ですが

時給に差があるそうです

受付とディレクター役の人のほうが

高いです

どれだけの差かは聞いてないですが

  

お客様が言うには

こんな格好じゃ

(ヘアースタイルをふくめた)

駐車場くらいしか無理でしょ

ってことでした

若いから駐車場

というのではないと

  

いくらワクチン接種といった

服装はさほど重要ではないと

思われる場所でも

与える印象というものはあり

たかがアルバイトでも

差が出てしまう

  

その運営責任者がいうには

その35歳の人は

仕事はデキル人だそうです

見た目がまずいだけだそうです

   

この事例は服装は大事だよ

ということと

見られてるよってことです

損するよってことです

  

本人は知らないことですけれど

  

福井のオーダースーツ専門店

野路洋服店でした^^

   

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です