ブログ

スーツのロマンティックな部分 vol.52

vol.52

  

じつは私は小学生のころからの

ムヒ信者です

夏場は出張のときでも持ち歩いていました

虫さされでなくてもかゆかったら

とりあえずムヒを塗ります

  

そのくらい長年のムヒ信者でもあり

相棒でもあります

  

ビジネススーツはネイビー1択

男は黙ってネイビー

日本で唯一ネイビーしか売らないスーツ屋

福井のオーダースーツ専門店 

野路洋服店の野路純平です

   

そこまで付き合いの長いムヒですけれど(笑)

ことし気付いたことがあります

それはムヒのよこに「S」と書いてあること

  

パッケージは使うたびに見てましたけれど

「ムヒS」と見たことは無かったです

ましてや「ムヒS」と読んだことも

呼んだこともなかったです

  

毎日のように見てるはずですけれど

目に入ってないし読んでない

不思議です

  

見てないし読んでないですが

もしこの「S」が「B」になっていたら

気付く気がします

違和感を感じるでしょう

  

ちなみに「ムヒ」とは「唯一無比」「天下無比」

の「無比」だそうです

ハゲシク共感ですっ!!(笑)

  

そのような存在がスーツにもあります

それはココです

  

  

この襟に付いている穴です

見てるけど名前も知らないし

呼ぶこともないでしょうね

  

もし付いてなかったら

使わなくてもすぐ気付くでしょう

そんな程度の存在感の穴ではないでしょうか

  

この穴の名前は

「フラワーホール」

と言います

  

ピンバッチホールでもなく

社章ホールでもないです(笑)

  

フラワー(お花)用のホール(穴)です

そうです

昔はここに花を挿したので

この呼び方になってます

ロマンティックでしょ

  

野路洋服店ではフラワーホールに

花を挿していた時代に想いを馳せて

このような仕様にしてもらってます

   

  

これなんだか分かりますでしょうか???

この名前は

「フラワーループ」

といいます

  

用途はフラワーホールに挿したお花の

茎を通すためのループです

これまたロマンティックでしょ

そう

ロマンティックは止まらないものです^^

  

 

使用例をお見せしたかったのですが 

どうやらお花のない店のようなので

ボールペンで代用してみました(;^_^A

   

福井でフラワーホールが付いている

ロマンティックなスーツをオーダーメイドしたければ

野路洋服店ですね^^

  

現代では社章や

所属している会のピンバッチを付ける場所

くらいにしか思われてないでしょうけど

   

  

話はもどりますが

私の相棒「ムヒ」は1926年に誕生したようです

ことしで95年のロングセラー

5年後には100年になります

  

100年にあたる2026年には盛大に

なにかやって欲しいですね

ムヒのピンバッチの発売とか

  

もし発売されたら

すぐ買ってフラワーホールに付けよう

とたくらんでます^^

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です