スーツスーツスタイルの基礎ブログ

スーツ をオーダーで創るときの注意点

スーツ オーダー

  

  

スーツ をオーダーで創ろうかな♪

そんな時の考え方の注意点をお伝えします。といっても、あくまでもボクの考えです。

  

こんにちは~。オーダースーツ専門 野路洋服店の元ユナイテッドアローズ メンズドレス担当の野路純平です。

これまで1万人以上のスーツの接客をしてきて分かったことがある。それは、 「男は黙ってネイビー」ということ。

日本で唯一ネイビーを掘り下げるスーツ屋。 アナタの外見を味方にする装いを提案します。

  

[ スーツ をオーダーするなら]

  

スーツをオーダーで創る目的は色々あります。

その1つに既製服には無い組み合わせで創るという目的もあります。

スーツをオーダーするときに、「せっかくオーダーするんだから〇〇にしよう♪♪」となると思います。

  

スーツ 裏地も大切
ネームも入れもオーダーメイドの証

  

これはテンションが上がる大切なことなのですけれど、ここは注意が必要です。

突っ走らないように(笑)

ボクは、その〇〇が奇抜な方に行かないように注意を払います。

  

ここでの奇抜というのは、品のないスーツになることです。

たとえば、真っ赤やピンク、黄色とかの裏地だったり。

その色が好きなのは分かりますが、ネクタイの柄とかハンカチなどに入れるとかして違う部分で楽しむことをおススメします。

オーダースーツは生地を選ぶだけではなく、裏地、袖裏、ボタン、ポケットの仕様など細部まで決めることができます。

  

スーツ 裏地
どこにどの生地を使おうが自由です

  

これらを選ぶ際に、せっかくだからと言って表生地と合わない裏地やボタンを選ぶことは避けましょう。

裏地、袖裏はほとんど見えないですけれど、大切な部分だと思ってます。

ほとんど見えないですけれど、ここで品を下げてしまい台無しになることもあります。

ボクは一人一人の方と向き合って決めていくので、そうなりそうな時はストップをかけます。やんわりとね。

  

他と違うものを~ってのは分かりますが、そこは大丈夫です。

ベーシックにまとめても、他とは違うものになりますから。正確に言うと、他とは違うように見えます。

もう空気が違いますから。

ちゃんと選んで創ったものを着ていると、なんでしょう、自信でも湧いてきてるのでしょうかね。

よく見ればネイビーの無地のスーツですけれど、隣りの柄のスーツを着ている人よりも記憶に残っちゃったりします。

これが装うことで湧いてくる自信ってやつなんでしょうね。

  

[ここぞ!にはベーシックが必要]

  

たくさんの生地の中から選べるというのもオーダースーツの醍醐味の一つです。

大量にある生地バンチ(生地見本)を見ていると、どうしても強い柄や色が目につきます。

お仕事に支障のない方、ボクら洋服屋とかはそのような生地を選びがちですけれど、気付くとベーシックなスーツが1着もなくて、何着もいいスーツを持っているのにここぞの時に着る紺無地が無かったりするんです。

ええ。

それが、なにをかくそう以前のこの私です(笑)

 

服屋あるあるではないでしょうか。

なので、この2年で紺無地を4着創りました。

まだまだ紺無地で創ります(笑)

当たり前のように持っていそうに思われますけれどね。

 

それまでは従妹の結婚式とか家族での記念写真には柄物スーツでした。

これは、あまりよろしくないと思います。自分で体験してそう思います。

たぶん服屋だから許されてるんじゃないかと。。。

  

皆様はそんな思いをする必要がないので、ボクからは上質で自信が湧くベーシックを持つことをおススメするのです。

まずはネイビー無地から始めてみましょう

  

いつもありがとうございます。

その服、見られてますよ。

  

野路洋服店 ネイビー野路

野路洋服店のご予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です