スーツブログ

スーツ の袖ボタンについて

スーツ

 

 

スーツ の袖ボタンが外れていたりするのを見たことがありませんか??

糸が切れて取れっちゃってるのではなくて、ボタンがあるのにボタンを留めてない状態ですよ(笑)

これは意図的にボタンを外しているんですねぇ~~~♪

 

二つ外してますね♪

 

ボクは必ず外します。

それは、見栄です(笑)

 

こんにちは~。オーダースーツ専門 野路洋服店の元ユナイテッドアローズ メンズドレス担当の野路純平です。

これまで1万人以上のスーツの接客をしてきて分かったことがある。それは、 「男は黙ってネイビー」ということ。

日本で唯一ネイビーを掘り下げるスーツ屋。 アナタの外見を味方にする装いを提案します。

 

[ スーツ の袖ボタンについて]

 

このようにジャケットの袖のボタンホールを開けてあることを「本切羽(ほんせっぱ)」と言います。

既製のスーツは開かないものがほとんどです。

なぜ既製のスーツは本切羽になっていないのかというと、ボタンホールが開いていると袖の長さの調整ができないからなんです。

袖を出したり詰めたりするときに穴は移動できません。

 

それが糸でボタンホールのように縫われているだけならば、外して移動して再度縫えばボタン位置と袖先とのバランスを崩さずに出来上がります。

 

なので、今ではこのように本切羽がオーダースーツの証みたいな風にもとらえている人もいます。

まぁ確かに、オーダースーツを創るなら本切羽にしますからね。

ただ、お直しで本切羽にすることも可能なので、袖ボタンが全く付いていない状態でお店に掛かっている既製スーツもあります。

 

[ジャケットの袖ボタンの存在理由]

 

そもそも、ジャケットの袖にボタンが付いているって何でなんだ。

ボタンってことは開け閉めするからです。

 

昔の人は手を洗う時にジャケットの袖ボタンを外して、袖をまくって洗っていたんですねぇ~~。

そのひと手間をかける紳士って、大変ですねぇ(笑)

ボクは外したところはそのまんまです♪ 右1つ、左2つ外します。

 

まれに見ますが、この袖のボタンホールの糸を1か所だけ明るいブルーとか赤にしたりしているのを見かけます。

ボクは絶対におススメしません、いや、むしろ断るくらいですが、そうやって楽しんでいる人もいらっしゃいます。

せっかくオーダーでスーツを創るなら本切羽にすることはおススメです。

そして、着用時にはさりげなく1つだけ外しておくくらいがお上品で良いですよ。

 

そんな本切羽の存在を知らない人はたくさんいるので、「あれ?袖ボタン取れてますよ。」ってご指摘を頂くこともあるようです。

本切羽は圧倒的に知らない人の方が多いので、指摘して頂いた御礼を言うくらいのほうが紳士的ですよ。

 読んでいただき、ありがとうございます。

 

その服、見られてますよ。

野路洋服店 ネイビー野路

 

野路洋服店 ご予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です