スーツ

オーダースーツ をどう考えているか

オーダースーツ

オーダースーツ をすることで「かっこいいからスーツを着る」という着方になって欲しい。

そんな途方もないことを考えたりしているのは野路洋服店 店主:野路純平です。こんにちは~~。

オーダースーツを始めるにあたり、野路洋服店の、つまり店主であるボク(一人しかいないし)の考えをお伝えしておこうと思います。

[オーダースーツ について]

オーダースーツ をオススメする人、望む人、は

①体型が既製服では合わない人

②着たい生地とスタイルが既製服に見当たらない人

③とにかくオーダーしたい人

だと思います。

①の人はしょうがないです(笑)

②、③の人にはぜひともこの機会にインポート生地から生地を選び、着心地の良い仕立てのスーツを着てみて欲しいです。

オーダースーツ の醍醐味はインポート生地から選べること

まずインポート生地には国産生地にはない色気があります。なぜだかココには埋められない何かがあるのだと思います。国の文化や習慣、歴史、気候などなどが起因しているのでしょう。技術力でもなく資金力でもない何か。

そしてステキな高級生地ですから、それを台無しにしない仕立てでないといけません。せめて総毛芯の仕様がおススメです。

接着芯でも高級な有名ブランドはありますけれど、そのブランドはどちらかといえばモード系ブランド最高峰ですので、ボクが推奨するクラシックが根底にあるスーツとは異なりますので。

そして、「オーダー=いいもの」だからオーダーするとか、既製服で○○万円でオーダーでプラス1万円ならオーダーするとか、そういうお金の損得みたいな考え方もしてません。

でもね、そこには「安物買いの銭失い」の言葉は活きてくると思います。

[気分を買う]

モノへの価値観というところでしょう。

ボクは、スーツを着て気分が上がるようにならなきゃいけないでしょうと考えてます。それが29,800円でパンツがもう1本付いてくるスーツを着ているときに気分が上がるのならばそれで充分です。

そうでなければ、その¥29,800-は安物買いの銭失いです。なんか違うなあ。。。気分が上がらなかったら買い替えるわけでもないし。

でもまぁ、なんかそんな感じですよ。どうせ着るなら気分が上がったり、評価が上がったりしたほうがいいでしょ。

¥100,000-のスーツで気分が上がるなら、その差額¥70,200-で気分の高揚や満足感を買っているということ。実際はスーツ自体の値段の差ですよ(笑)。

気分が上がるとその1日の充実感が違うと思うんですよねぇ。おのずと自分の立ち居振る舞いや目にも表れてきますから、周囲の評価も変るし、雰囲気も変わる。

朝スーツを着る時に、

「うわぁ~、まぁだ火曜かぁ~~。」

ってつぶやいてクリースが抜けて(折り目がとれて)お尻がテカテカのパンツをはき、汗とホコリの臭いが付着したくたびれ感のあるジャケットを羽織るより、

「よしっ!」

って気分でスタートしたほうがいいでしょ。

全員とはいいませんが、少なくとも野路洋服店でお買い物をしてくださる方達はそうであって欲しいし、そうあれるようにボクがスーツの楽しみを伝えなくてはいけない。とすら思ってもいます。

別にマニアックになろうってことではないです。専門用語とか生地のブランドとか知らなくていいです。

気分を上げる術というか引き出しを一つ増やしてはいかがかと。

そんな話をスーツ生地を見ながらしましょ~~~♪

変則的な営業時間ですけど、ご予約いただければ確実にお店にいます(笑)→予約フォーム

もちろん予約したら絶対に買わなきゃいけないということはありませんので。そこんところは、こんなボクですからお気軽に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です