お知らせ

ボンコーヒー という近所のコーヒー専門店

ボンコーヒー

ここ最近は近所でもある ボンコーヒー さんで豆を頂いてます。

野路洋服店 店主:野路純平です。こんにちは~~。

[ ボンコーヒー は徒歩5分]

コーヒーは豆から挽いて淹れる本格派ですが(笑)、お店から徒歩5分のところにあるBON COFFEEさんで豆を買うことが増えて来てます。

それまでは、ずーーーっとコスモポリタン・カフェというところで買っていました。ずーーーっとです。

理由は、味や香りの好みが似てると感じたから。

それは香りが良いと書かれたものはボクもそう感じたし、男らしい味わいと書かれたものはやはりそう感じました。だから似てると。

一方で、ボクの自宅から一番近いコーヒー豆専門店は「とても良い香り」という豆はボクには変なにおいに感じました。だから近くて便利ですけれど、利用してません。でもそこはそこで、ここのコーヒー豆は絶品だっ!と評価される方もいらっしゃいます。

好みですからね。全員共通ってことはないでしょう。

基本的なボクの考えには、近所で商売されているならばできる限りそこを利用させてもらうというのがあります。

これはお付き合いというよりも、覚えてもらいやすいし、何かお買い物をするときに一言二言くらい会話が発生しやすいからです。

で、ボクがずーーーっと通っているコスモポリタンカフェというところは、いまだに会話もないです。覚えてないわけないと思うんですけれど(自意識過剰かもしれませんが)、買い物のやりとり以外の会話はないです。

ここが唯一残念なところでもあって、ボクにとってはとっても残念なところなんです。たくさんスタッフがいて忙しそうにしてるので、ボクごときを相手にする余裕もないのでしょうが。

でもボクは通い続けてます。それは、そこの豆が好きだから。

そしてオーナーさんの移転前の喫茶店が大好きな雰囲気だったから。いまは見る影もないですが。。。

残念すぎる。。。

ようするに、ボクは覚えてもらえたらウレシくてまた行きたくなるという単純な男なわけです。

で、表題のボンコーヒーさん。

2度目の来店にもかかわらず覚えてくれてました。しかも前に購入した豆の種類も。

インスタグラムで繋がったということもありますけれど。

もう既に通う理由ありです(笑)

加えて、味も好きでした。まだ1種類ですけれど。

価格はいつものコスモポリタンよりも高いですけれど、たぶん場所代でしょう。と思うことにしてます。

コスモポリタンまで行くガソリン代と時間を考えると、徒歩5分でボクを覚えてくれているということで差額はペイですかね。(ゆくゆくボディーブローのように効きだすかもしれませんが)

ボンコーヒーさんは豆専門店と喫茶部門とに分かれてますので、お間違いないように。それぞれ徒歩圏内ですけれど。

ホームページもありますのでドウゾ→BON COFFEE HP

インスタグラムはコチラです→BON COFFEE INSTA

別に野路洋服店で買ってもらわなくてもいい。ボクが行くところがあればそれでいい。

そして野路洋服店はお客さまが「行くところ」になりたい。

そんなことを1月25日に思ったわけです。そんで今日のブログに書くって(苦笑)

 

 

野路洋服店オンラインSHOP

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です