お知らせ

インポートブランドの勘違い

野路洋服店 店主:野路純平です~

こんにちは♪

身体が大きい人、日本人離れしているような人はお洋服のサイズで悩むことがあると思います。

[インポートブランドは大きいのか]

超太っている人は大きいサイズのお店というのがあるので、そこに行けば解決するでしょう。太り過ぎ、やせ過ぎではなくて、骨格が日本人離れしている人です。

身長が185cm以上あったり、裄丈(首から手首くらいまで)が90cm以上であったり、足のサイズが30cmとかする人です。

こうなるとなかなか日本のブランドではサイズがなかったりします。日本のブランドは日本人サイズですから。

スーツ、ジャケット、ドレスシャツ、靴というのはパターンオーダーというシステムがあったりするので、それを利用するという方法もあります。

それ以外のカジュアルシャツ、ニット、Tシャツ、靴下となるとオーダーってわけにもいかんのでさぁどうしようですよね。

そんな時にインポートブランドだったらって考えたことありませんか。

で、どこへ行けばいいのだろう。インポートブランドって??

たとえば有名どころですと、バーバリーやラルフローレン、ポールスミスなどがありますよね。そしてそれらは百貨店に入っているケースが多いです。

ただ、これらのインポートブランドは日本の会社がライセンスを取って作っているものが多いです。そうなると日本人サイズになります。つまり、欧米人サイズが目的なのにブランドだけ欧米ブランドでサイズは日本人向けを買うことになります。試着をすれば問題ないのですが、お洋服は奥様が買うといったお家ですと失敗するか、うちの主人はインポートでもダメなのよって誤解が生まれてしまいます。

欧米人向けのサイズを当てにしてインポートブランドを求めるのならば、欧米で作られたものを直接輸入してきているものでないと解決しません。

セレクトショップにあるインポート商品は大体そうです。

[ライセンス商品とは]

贈答品で百貨店を利用する人は多いと思います。頂きものでピエールカルダンのタオルとか、イヴサンローランの刺しゅう入りハンカチとか、ミラショーンのシャツとか家に無いですか??? これらはライセンス商品ですね。ニセモノではないですけれど、ブランドネームを付けることを許可された会社が作っているものです。

ここで逆の勘違いをしないように。

いつも百貨店でラルフローレンのMサイズを買っているので、アメリカに行った時に買うラルフローレンもMでOK!って思って試着しないで買うとむっちゃ大きいという結末が待ってます。

はい。ボクは学生時代に経験しました♪

ラルフローレンのポロシャツでやりました♪ むっちゃ大きくて、裾丈がむっちゃ長いんす。ポロシャツで裾が長いと着れません。着たくないです(笑) 結局、誰かにあげました。

そんなことにならないように、インポートブランドにはライセンス商品というものも存在することを知っておいてください。

試着すればいいのですけれど、Tシャツとかポロシャツとかで試着はしないですもんね。

それでは~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です