シューツリ―入れてますか? vol.170

vol.170

  

靴の手入れの1つとして
シューツリ―を入れておく
という事項があります

これは型崩れ防止と
湿気を取るという役割りが
あります

使い方は簡単で
靴の中に入れておくだけです

1日だけとかではなくて
ずっと入れておきます

ですので靴の数だけ必要に
なります
靴を購入するときに
その靴用としてシューツリ―
も一緒に買っておくことを
おススメします

このシューツリ―には
大きく分けて2種類あります
それは材質の違いで
木製とプラスチック製が
あります

湿気を取ることを考えますと
木製がおススメです
プラスチック製は軽いので
出張や旅行で靴を持って行く
とき用とお考え下さい

あと木製ですと
見た目がカッコいいので
気分が上がります(笑)

   

シューツリ―に関して
お客様に教えてもらった
フレーズがあります

「靴にシューツリ―を
入れないのは
スーツをハンガーに掛けない
のと同じ」

このフレーズにはかなりの
衝撃を受けましたね!

瞬時にイメージしたのは
ハンガーに掛けられていない
スーツ達

椅子の背もたれに掛けられ
ていたり
ソファーの上に無造作に
放置されているスーツ

あり得ないですよね

ということは
シューツリ―が入っていない
靴はあり得ないということ

私は全部の革靴に入ってます
けど そういう思いで
入れていたのではないです

シューツリ―が入っている
靴が好きということと
型崩れ防止という言葉に
惹かれて入れてました

【シューツリーいつ入れる】

私がシューツリ―を入れる
タイミングは翌朝です

帰宅して玄関で脱いだ靴に
すぐに入れることはしません

脱いだ直後の靴の中って
ホカホカしてます
なんとなくそのホカホカが
無くなってから
入れた方が良い気がします

一度入れたら次に履くまで
入れっぱなしです
そうすることで型崩れを
防いでくれます

さらにシューズバッグに入れて
ホコリや傷が付くことを
防いでいます

こう書いてみますと
大事にしてるなと
実感できました(笑)

良かった良かった^^

モノを大事に扱うことは
大切なことですからねぇ

  

福井のオーダースーツ専門店
野路洋服店でした^^

 

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です