ジャケットの丈について vol.159

vol.159

  

だいたい何にでも
適正ってありますよね
スーツのサイズにも
適正サイズはあります

スーツのサイズで
気付きにくいところがあります
それはジャケットの丈です
これを着丈(きたけ)と
言います

なぜ気付きにくいかと
言いますと
着丈は短くても長くても
キツイとかダボダボとかは
感じないですし
パンツの長さのように
基準を持ってないというか
知らないからです

ジャケットの着丈の基準は
お尻がかくれるか
です

今は少し短めで
スッポリかくれるというより
ほとんどかくれている
くらいがいいですね

  

数年前にパンツのシルエット
の流れがすごく細くなりました

パンツの裾幅が細くなると
丈は短くしたほうがバランスが
良くなります

その前に
細いと長くはできませんよね
足の甲に当たってクシュクシュ
になるだけです

クシュクシュはみっともない

ではジャケットがピッタリ目
だったらどうなるか

着丈が短くなります

   

たいがい若者は
ピッタリ目で着たがります
細く、細くです

そうすると丈は
短く、短くになります

それはOKです
細いのに長くしようとするのは
慣れてないオジサンです(笑)

ただ
限度がありますよということ
です
基準を超えないことが大事です

ジャケットの着丈は
お尻がほとんどかくれている
長さ
パンツの丈は靴の甲に付く
長さです

その両方を超えていると
こうなります

  

お尻は半分くらいは出てます
パンツの裾丈は靴に付かずに
宙ぶらりん

たぶんパンツの折り目は
ほとんど無いでしょう

こういう若者は多いです

若いから許されてるのかも
しれませんね(笑)

こんなにお尻を出して
イタリアに行くと
ゲ〇が寄ってきますよ(笑)

お尻が出ているスーツのことを
〇イスーツ
と呼んだりもしますから

  

【なぜお尻がでるジャケットを着るのか】

  

なぜこのような丈の
スーツを着ている人が
多いのか

それは販売員さんの
知識不足です

でもそれは販売員さんだけの
せいではなくて
その会社の商品部に
原因があります


その理由は
販売員の知識は販売員の
先輩から教えてもらうものと
商品を作ったり仕入れしたり
する商品部の人からの
情報がほとんどです

商品部の人は
ゲ〇スーツを知らない
のでしょうね

ただ単に
流行りだから=売れる
という理由です

彼らは当然ですけれど
売れるものを必死に探して
ますから

ゲ〇スーツだろうが
レディースのジャケットと
呼ばれようが
売れるならOKなのでしょうね

量販店は量を販売しないと
いけないです
それが役目です

なので知識を付けて行くか
知識のある人と一緒に
行くといいですね

ジャケットの着丈は
気を付けましょう^^

  

福井のオーダースーツ専門店
野路洋服店でした^^

  

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です