ブログ

スーツスタイルのチェック方法 vol.40

vol.40

  

スポーツ選手の立ち姿ってかっこいいですよね

ユニフォームだからかっこいい

というのもあると思いますが

  

甲子園に出てくるチームで強いところは

ユニフォームをかっこよく着てると思う

着方は同じだとしてもかっこよく見えます

かなりの練習をしてきて

自信がみなぎっているからでしょう

  

  

ビジネススーツはネイビー1択

男は黙ってネイビー

日本で唯一ネイビーしか売らないスーツ屋

福井のオーダースーツ専門店 

野路洋服店の野路純平です

  

ビジネスマンもスーツを着たら

かっこよくならないといけないです

というか

かっこよくなるもんです

  

そこで スーツを購入するとき

オーダーするときの注意点です

   

既成でもオーダーメイドでも

かならずサイズのチェックはします

そのときに

キュウクツとかユルイとかの

感覚的な部分ではなく

視覚的にチェックする部分の

チェックのしかたをお伝えしておきます

  

視覚的にチェックをする部分は

ジャケットの袖の長さと着丈

パンツの裾の長さです

  

これらは必ず立ち姿でチェックして下さい

足はこぶし一つ分くらいを空けて立ちます

その姿勢でチェックしてください

  

  

ジャケットの袖は手首

着丈はお尻がかくれるくらい

パンツの裾は軽く靴に付くくらい

  

前職のユナイテッドアローズ時代から

これまでに10,000人以上の接客をしてきた

経験から

間違ったチェック方法をする人が

まぁまぁいることを知ってます

  

まぁまぁいるのはこんなチェックの

しかたをする人です

  

ジャケットの袖を

車の運転するポーズでチェックする人

つり革につかまった姿勢でチェックする人

これらの姿勢でシャツの袖が見えないくらいに

しようとします  

   

パンツの丈を

座ったときの靴下の見え方でチェックする人

こういう人は座ったときに靴下が見えない

長さにしようとします

  

これらの方法でチェックすると

袖も裾も激烈に長くなります

袖は手の甲にかかり

裾はジャブジャブになます

  

  

どうみても野暮ったいです

まったく美しくない

  

そんな姿で何を言われようが

全く耳に入って来ません

だって外見に全く気を使っていない人

に見えますもん

  

スーツスタイルで立ち姿を美しくすることは

信用できる信頼できる人に見えるので

話を聞いてもらいやすくなります

  

中身で勝負だっ!!

と言ってる人こそ外見に気を使わないと

中身を発揮するところにまで

たどり着けないことになります

  

土俵に上がれないというか

門前払いをくらうのと同じです

   

そうならないためにも

スーツの袖と着丈と裾の長さだけでも

正しくチェックしましょう

  

スーツ

それでは~~

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です