シャツスーツスタイルの基礎ブログ

シャツ の巻き伏せ本縫いとは

シャツ は下着と考えると、裏側が直接肌に触る部分になります。

ということは、裏側も大事ってことです。

  

こんにちは~。オーダースーツ専門 野路洋服店の元ユナイテッドアローズ メンズドレス担当の野路純平です。

これまで1万人以上のスーツの接客をしてきて分かったことがある。それは、 「男は黙ってネイビー」ということ。

日本で唯一ネイビーを掘り下げるスーツ屋。 アナタの外見を味方にする装いを提案します。

  

【巻き伏せ本縫いとは】

  

高級シャツと言われるシャツのスペックと言いますか、ディテールのなかに「巻き伏せ本縫い」というのがあります。

それは生地と生地を縫い合わせる縫い方の一つなんです。

場所はシャツの裏の横側です。

  

脇の下から裾までを縫うところと、脇の下から袖先のカフスまでを縫うところにその技法が使われます。

袖のところなんかは見えない部分でもあります。

けれど、大事なんです。

まずは、この縫い方が巻き伏せ本縫いです。

  

巻き伏せ本縫い

  

2枚の生地(前側と後ろ側)を縫い合わせているのに、生地の端が見えないですよね。

巻いて伏せて縫っているんです。何となく分かって頂けたらそれでいいです(笑)

そうすることによって、肌に触れてもザラザラしないようになります。写真でもそんな感じですよね。

赤ちゃんの肌着は縫い目を外側に出るようにしているように、縫い目というのは肌に触れるとザラザラします。

そこを職人さんの技術で巻いて伏せて縫うんです。

  

人の手が掛かっているんですねぇ~~。だから工賃も高くなります。けっこう高くなります(笑)

そしてこの縫い目(ステッチ)の巾も雰囲気を左右します。

巾が狭いほうがドレッシーで、広いほうがカジュアルなテイストになります。

上の写真は狭いステッチで3mm巾です。

この下の写真のものは少しカジュアルに着る高級シャツなので、ステッチ巾が5mmです。そして縫い方は「巻き折り縫い」です。

  

巻き折り縫い

  

次に、これが一番簡単な縫い方です。2枚の生地を縫い合わせるだけ。安価な量産品などに見られますね。Tシャツとかはこんなです。

簡単なので、一気にたくさんできます。人の手も最小限ですみます。

  

ロックミシン

  

生地の端が出てますよね。

見た目も美しくないです。

素肌に着て肌にすれるとザラザラしそうな感じじゃないですか。

この製法ですと安く済みますので、高級生地が使われることは少ないです。

  

まだ他にもありますが、一番高級な縫い方が「本縫い巻き伏せ」になります。

いやぁ~~、熱いっ! シャツって熱いなぁ~~♪

  

いつもありがとうございます。

野路洋服店 ネイビー野路

  

野路洋服店 ご予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です