お知らせ

SLOANEのジップアップがとっても良い

野路洋服店 店主:野路純平です。こんにちは~。

さっき話をしていて気付いたこと。それは気に入って着ているニットが思いのほか風を通さないということ。

[SLOANEのニットがいい]

思えば11月に入ってちょっと寒くなってから週に4日は着ているニットがあります。SLOANE(スローン)というブランドのジップアップのニットです。アゼ編みといってザックリした雰囲気のニットで、冬ニットの定番的編み方のものです。

SLOANE ZIP-UP KNIT

ザックリしてますけれど、最近のものは軽いです。着ていても何も感じません。手で持って重くても、着て重くなければ良いわけですから。そうなるのは身体に沿ってるということです。ピチピチではなくて、沿っているんです。

ニットは生地ものではなくて編み物ですから、風は通しますよね。ただ、その風を通す分量は編み地の目がどれだけ詰まっているかです。詰まっていれば通しにくいです。そして目を詰まらせるには糸の本数が多くないとできません。

このSLAONEのジップアップ・ニットを着て外を歩いていても、想像以上に風を感じないんです。かなり目が詰まってますので。

気温10℃を下回っていますけれど、全然大丈夫という。。。薄い1枚の風よけコートでも羽織らないと寒いかなぁって思ってましたが、ストールで首元だけガードしたらOKです。

なんかウレシイ誤算で、それをお伝えしたくて書いてます。

デザインや糸が良いのは試着で分かって購入したのですけれど、使えるアイテムだとは思ってもみませんでした。

このSLAONEのジップアップ・ニットはとってもいいですよ。ほんとに。

ジャスト・ナウのおススメです。

ジャケット感覚です ¥36,000+tax

値段で断念する人が相次いでますが、その価値ありです。これを適正価格といいます(笑)

心躍る良いものに出会うと紹介したくなっちゃうでしょ。こんないいの見付けたっていうなんか自慢的なものも含んで(笑)

安いものはいくらでも、どこにでもある時代。

このSLAONEのニットのように、ボクのお眼鏡に適ったモノをこれからも取り扱い、紹介していきます。そうじゃないとボクは胸を張っておススメできないし、街を歩けない(笑) ウソつきたくないし。

これにストールをプラスして

[SLOANEというブランド]

さっきから知ってるよねって感じで出てきているブランド「SLOANE」ですが、誕生してまだ1年です。

最初のコレクションからいきなり火が付いた感じのブランドです。ボクが知ったのはボクの前職であるユナイテッドアローズ(UA)で後輩がススメてきたからです。これ野路さん好きっしょって(笑) くやしいけれど好きです(笑)

その後輩からSLOANEを紹介してもらって、取り扱わせてもらえるようになりました。

SLOANEはユニセックスブランドで、サイズ1-2がウィメンズ、3-5がメンズとなります。

なので、有名取り扱いセレクトショップにはUAを筆頭にスピック&スパンといったウィメンズショップも名を連ねてます。

このSLAONEのデザインはとてもシンプルです。

上質感が伝わる後ろ姿

基本的に社長とそのゴルフ仲間の一人が「俺たちが着たい服」というコンセプトでデザインされてます。ボクよりも年上の二人ですし、UAと相通じるような二人ですので、トラッドがベースになり今っぽさを加味するような感じです。そして年齢的にも上質な糸と技術で創られることになります。20代の若者が着ちゃいけないブランド。

野路洋服店のニットはSLOANE。

とってもステキです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です