スーツの着かたは義務教育 vol.138

vol.138

  

日本の男性ならば
ほぼ100%の人が
スーツを着る機会があります

ビジネスで着ることは
もちろん
ビジネスで着ない人でも


入学式や成人式からはじまり
就職活動
(私はしてないですが)
自分の結婚式や参列する結婚式
お宮参りや100日参り
七五三
入卒業式
と続きます

いくら日本とは言え
これらの行事に着物を着る
ことはないでしょう

それなのに
スーツの着かたを学校で
教えることはしてない

私はスーツの着かたは
義務教育レベルで教えても
価値はあると考えてます

高校での古典や漢文を
勉強するより
価値は高いと思う

  

教えてもらっていないから
知らない人が多い

これ当たりまえ

それに加えてタテ社会という
文化が日本にはあります

つまりセンパイや上司の
常識が後輩や部下の
評価の判断基準になる
わけです

たとえばセンパイや上司が
スーツは座った時には
ジャケットのボタンは
外す

というルールを知らなくて
後輩や部下が知っていたならば
厄介です

後輩や部下がセンパイや上司と
取引先に訪問した際
座るときにボタンを外したら
指導が入るでしょうね(笑)

自分が間違ってるのに

   

採用試験で人事部の面接官が
そのことを知らなくて
ボタンを外して座った
応募者に
「キミ、ボタンを外すなんて
失礼じゃないか」
といって不採用になった
というケースも聞いたことが
あります

教える人がいないので
知らない人がいるわけです

なので
私が伝えなければいけないので
講座をしますーーっ!!!

12月17日(金)
福井県大野市にて
経営者のためのスーツ講座

大野市役所のチカラを借りて
開催します

平日のビジネスタイムの開催
なのは
スーツの着かたを知ることは
ビジネスの投資になるからです

  

そのような投資に価値を感じる
かたはコチラをご覧ください

https://www.city.ono.fukui.jp/sangyo/koyou-roudou/shokugyokunrencenter/shosai/SUIT.html

   

そして応募してください~~^^



福井のオーダースーツ専門店
野路洋服店でした^^ 

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です