ブログ

ネクタイ2つのチェックポイント vol.39

vol.39

  

ブログにいただくコメントって

とってもありがたいです

ムカッとかイラッとかなるもの以外は(笑)

  

なぜならそのコメントの多くは

一般の人の素朴な疑問だからです

   

ビジネススーツはネイビー1択

男は黙ってネイビー

日本で唯一ネイビーしか売らないスーツ屋

福井のオーダースーツ専門店 

野路洋服店の野路純平です

  

先日いただいたコメントに

次はネクタイのことを!

というのがありました

  

いやぁ~~~

なんとスバらしい素朴な依頼でしょうか

  

その展開は

アンボタンマナーでジャケットのボタンは

一つしか留めない(一番下は絶対に留めない)

とネクタイがたくさん見えるけど

いいの???

  

に対して

「OKです

ネクタイの長さがちゃんとしてれば」

って答えました

  

すると

「次はネクタイのネタでおねがいします」

ってご依頼をうけました^^

  

今日はネクタイのことです

私が思うに

みなさん

ネクタイはコーディネートにだけ

重きを置いてます

  

たしかに与える印象として大事です

なくてはならないです

顔から一番近い部分ですからね

  

だから

私はお客様にもネクタイに関しては

コーディネートの話はしません

だって

コーディネートは私が言わなくても

考えるでしょ

どこの店員さんも

コーディネートの提案はしますしね

  

私が考えるネクタイの大事なところ2つ

  

それは

①結び目の形と大きさ

②巻き終わった後の長さ

です

  

とくに①は重要でこれで印象は

決まると言ってもいいでしょう

  

①結び目の形と大きさ

  

ネクタイ
常にこの状態にあるように努力します

  

与える印象のよい結び目は

『小さめ』 です

キュッと小さい結び目は

誇張してないというか

自己主張しすぎてない感じで

品のよさがあります

  

その結び目をつくる結び方は1つ

『プレーンノット』 です

一番簡単な結び方ですね

ここでその結び方は割愛します

よければこちらの

「洋服の青山」のスーツカンパニーさんの

ページでも見てみてください

  

プレーンノットで巻いて

大きさ(高さ)は4~4.5cmくらい

がベストです

  

②結んだあとの長さ

  

ネクタイをした後のベストな長さは

ベルトにかかるくらい です

  

そして太いほう(大剣)と細いほう(小剣)

の長さの差が10cm以内に収まっていると

よいです

  

  

本人はかっこつけてるようですけれど

これだけ差があるとダサいですね

   

この2つを意識して結ぶとどうなるか

世の中には短いネクタイもあるようです

同業の仲間が言うには

安いネクタイは短かかったりするようで

  

100均で買ってみたらすごく短かった

そうです(笑)  

これは私も買ってみて検証してみます

   

安いネクタイとは5,6千円以下でしょうかねぇ

長さは充分でも素材がポリエステルなどの

化学繊維でも安くなります

ネクタイはシルクが基本です

  

季節感を演出するために

ウールやカシミヤ、リネン、コットンなどを

使うこともありますが

全て天然素材です

   

今日はこの2つを意識してネクタイを巻いてください

というお話でした

①結び目の形と大きさ

プレーンノットで4~4.5cm

②巻き終わった後の長さ

ベルトにかかるくらいで大剣小剣の差は10cm以内

   

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です