シャツブログ

シャツ は素肌に一番近いから大事

オーダーメイドシャツ

  

シャツの生地にもブランドがあります。

シャツをオーダーメイドにするとその存在があらわになってきます(笑)

  

こんにちは~。オーダースーツ専門 野路洋服店の元ユナイテッドアローズ メンズドレス担当の野路純平です。

これまで1万人以上のスーツの接客をしてきて分かったことがある。それは、 「男は黙ってネイビー」ということ。

日本で唯一ネイビーを掘り下げるスーツ屋。 アナタの外見を味方にする装いを提案します。

  

[ALUMOで創ってみた]

  

シャツをオーダーメイドで作るとなると、当然ながら生地を選ぶことができます。

何種類あるのか数える気も起きないくらいたくさんの生地の中から選ぶことができて、それもオーダーメイドの楽しみでもあります。

その生地を一気に大量に導入したのでボクも創ってみました。まずは店主が創らないとね。これはボクが商売をする上でのモットーです。しかも、中でも一番いいやつと言うか高額なやつを体験してみることにしてます。

どんなもんや、と。

ただ今回は、お客様と同時にオーダーとなりましたけどね(笑)

  

ALUMO
ALUMOはスイスの生地

  

ALUMO(アルモ)という生地ブランドの中の代表的な生地SOYELLAという超絶上質なものを選びました。

そしたら、まぁ、ツルッツルですわ(笑)

着ている人の肩に手を置いたらスベっちゃうくらい(笑)

そして、着ている気がしない。軽すぎて。

  

【高級スーツを活かす着こなし】

  

スーツの一つの着こなし方として、「素肌に近づくにつれて上質なものにする」というのがあります。

ボクの解釈では、上質なものほど肌に触れて価値を感じるからだと思います。

そうなると、スーツの着こなしとしてはシャツが一番上質であるべき。ということですね。

  

ALUMOオーダーシャツ
衿型はホリゾンタル

  

  

販売員をやっていて正直感じるのは、「シャツは消耗品だから安価なものにする」という考え方が主流だなって。一番外側のスーツに上質なものを持ってくることに関しては抵抗が少ない。

だから15万円のスーツに5000円のシャツを合わせるというアンバランスなことが平気で起こってるわけです。シャツもまとめて5枚買えば1枚5000円でも25000円のお会計になる。なるほどね(笑) 上等なシャツの値段になりますね。

  

そんなことに気づいたりしながらスーツ姿を見ていると、

我ら好きでやっている洋服屋との着こなしの一番の違いはここじゃないかと。センスでは無いことは感じてましたが、まさかシャツの違いだとは思ってもみませんでした。

「活かすも殺すもシャツ次第」

あながちこのフレーズはマトを得てるんじゃないかと思います。いや。得てますね。

  

今日はキラーフレーズが頭に浮かんだところで終わります。  

いつもありがとうございます。

野路洋服店 ネイビー野路

  

野路洋服店 ご予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です