シャツスーツスタイルの基礎ブログ

シャツって下着なの?

  

えっ!なに?シャツの下に下着きてるの???

  

こんにちは~。オーダースーツ専門 野路洋服店の元ユナイテッドアローズ メンズドレス担当の野路純平です。

これまで1万人以上のスーツの接客をしてきて分かったことがある。それは、 「男は黙ってネイビー」ということ。

日本で唯一ネイビーを掘り下げるスーツ屋。 アナタの外見を味方にする装いを提案します。

  

[シャツは下着]

  

シャツって下着なの?

ええ。まぁ、そうです。ルーツはと言うか、本来は下着です。

  

むかし、むかしの話で、これまでに古い写真とか絵とかでシャツの裾が長くて股のところでつながっているのを見たことありませんか??

こんなイメージ。イメージですよ、イメージ。あくまでもイメージ(しつこー)

  

ロンパース
赤ちゃんのロンパースです(笑)

  

股のところでつながるというと、こんな感じですね。

シャツが下着でジャケットが上着。

こう言われると納得するでしょ(笑)

  

ジャケットは間違いなく今の時代も上着だし。

そういうこともあって、女性の前や格式の高い場所でジャケットを脱ぐのは失礼に当たるとされてます。

パンツいっちょになるみたいなもんですわ。(言い過ぎかぁーー)

紳士の集まるゴルフ場や格式の高いホテルでのアフタヌーンティー、パーティーなどでは男性はジャケット着用を義務付けられていることからも分かりますよね。

そして暑いからと言って脱いだりしない。

そのジャケットの下に着ているのがドレスシャツです。下に着ているから下着。

そして下着の下に下着は着ない。パンツの下にパンツ履かないでしょ(笑)

つまり、シャツは素肌の上に直接着ます。

  

[上質なシャツが良い訳]

  

素肌に直接触れるので、上質な生地やきめ細かな縫製というのは実用面でもとても意味のあるものになります。

単なるコダワリや見た目だけではないんですねぇ~~。

これは、実際に素肌の上に直接着る生活を続けていくと、シャツの下にTシャツとかを着るのが嫌になってきます。

何をかくそう、ボクもユナイテッドアローズでの初出勤の日に先輩から最初に指摘されたのがそこでした。

  

「野路くんさぁ、もしかしてシャツの下にTシャツとか下着きてないよね??」

って。

いやぁ~~、なつかし~~~。熱い世界へ一歩踏み込んだ瞬間でした(笑)

ここで、でもぉ~って心の中で思った人いますよね。ボクも、でもぉ~って言いました。

ボク汗かきなんで、汗が染み出るのが恥ずかしいって思いましたよね。

もしくは、乳首が透けて見えるとか(笑)

  

まず、下着は汗を吸うのが役割です。だから下着は天然素材100%がいい。

つまりシャツは綿とか麻とか吸湿性が高い素材がいいです。機能面からしても、触感からしても。

次に、乳首が透けて見えるのは白シャツは避けられません。透けない白はないです。

サイズにゆとりがあれば透けませんけど、基本的に上着は脱がないので、透けていても見えません。

なので、そこらへんは心配しないで欲しいです。

素肌に直接シャツを着るようになると、上質な生地や手の込んだ縫製を感じることができます。すると、感性が豊かになり、本来のシャツの楽しみを味わえるようになります。

  

[私見]

  

これは汗かきのボクの意見ですが、暑いから汗をかく。

たくさん着たら暑いですよね。

なのに、汗を目立たせたくないから1枚よけいに着てよけい暑くなってよけい汗をかく。

そりゃ2枚着ればよけいに汗かきますわ。

シャツってほんとに素敵なアイテムですよ。

  

いつもありがとうございます。

その服、見られてますよ。

 

野路洋服店 ネイビー野路

野路洋服店 ご予約はこちら

シャツって下着なの?” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です